FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「2013 チョコレート大作戦」はじまりました。

2013/01/25
P1130314.jpg


「2013 チョコレート大作戦」もはじまりましたので
レッスンで使用中の材料をご紹介します。

コーティングのチョコレートは板チョコでも代用出来ますが、
今回はクーベルチュールを使っています。




「クーベルチュール(couverture)」

プロのショコラティエがもっとも多く使う製菓素材
フランス語で「おおうもの」を意味し、もともとヨーロッパで使われていた
「ショコラ(チョコレート)」よりもカカオバターを多く添加して流動性を
高くしたチョコレートで、コーティング用途を目的に作られた製菓素材。

また最大の特徴は、一般のチョコレートでは味わえないその口どけにあります。
その口どけの元となっているのが、チョコレートの原材料であるカカオバターです。
カカオバターは常温では固体ですが、28℃前後で溶け始め、
30℃以上になると完全に溶ける性質をもっています。
このため口の中にチョコレートを入れるとカカオバターが急激に溶け、
チョコレート本来の粒子の細かさとあいまって、チョコレート独特の口溶けと感じられるのです。




    ↑
上の画像をクリック下さい。
商品紹介ページにとびます、そこから購入も出来ますよ!


ee.jpg

「手作りならではの美味しさ」を最大限引き出せるチョコレートケーキ。

みなさま、リラックスしてお菓子作りをお楽しみ下さい。



スポンサーサイト
00:42 お菓子材料

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。